phpinfo関数による設定内容の確認

広告

PHPのphpinfo関数はPHPの設定内容を出力する関数です。「php.ini」ファイルに変更を加えたあとで「phpinfo」関数によって出力された値を確認すれば、変更した内容がきちんと反映されているのかどうかを確認することができます。ここではphpinfo関数を使ってPHPの設定内容を確認する方法について解説します。

1.phpinfo関数を使って設定内容を出力する
2.読み込まれているphp.iniファイルを確認する

それでは簡単なPHPスクリプトを記述したファイルを作成します。テキストエディタを開き下記の内容を記述して下さい。

<?php
phpinfo();
?>

作成したファイルは「phpinfo.php」というファイル名でApacheのドキュメントルートに設置して下さい。(設置する場所はご自身の環境に合わせて変更して下さい) 。

p2-1

ではブラウザを起動し「http://localhost/phpinfo.php」へアクセスして下さい。次のようにPHPに関する情報が表示されます。

p2-2

設定されている内容を確認したい場合にはこのようにphpinfo関数を使って設定内容を出力してみて下さい。ただし外部からアクセス可能な場所にphpinfo関数を使ったファイルをいつまでの残しておくことはお勧めできません。使用が終わりましたら速やかに削除されて下さい。

現在どの「php.ini」ファイルを読み込んでいるのかを確認するには「Loaded Configuration File」の値を確認して下さい。

p2-3

現在読み込まれているphp.iniファイルは「C:\pg\php\php.ini」であることが確認できます。

( Written by Tatsuo Ikura )