線の太さの設定(SetLineWidth)

広告

直線や長方形において線の太さを設定することが可能です。使用するメソッドはCellメソッドによってセルを出力する場合に使用したものと同じです。

線の太さを設定するにはFPDFクラスで用意されているSetLineWidthメソッドを使います。

線の幅を定義します。デフォルトでは0.2 mmに設定されています。

パラメータ:
  width  線の幅

線の太さを設定します。デフォルトでは0.2 mmですが、設定する場合の単位はMBFPDFクラスのコンストラクタで指定した寸法の種類となります。

実際には次のように記述します。

<?php
require('fpdf/mbfpdf.php');

$pdf = new MBFPDF();
$pdf->AddMBFont(GOTHIC ,'SJIS');
$pdf->AddPage();
$pdf->SetFont(GOTHIC,'',20);

$pdf->SetLineWidth(5.0);
$pdf->Line(90.0, 10.0, 10.0, 50.0);

$pdf->SetLineWidth(3.0);
$pdf->Rect(50.0, 50.0, 50.0, 30.0, 'DF');

$pdf->Output();
?>

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみます。

sample4-1.php

<?php
require('fpdf/mbfpdf.php');

$pdf=new MBFPDF('P', 'mm', 'A4');
$pdf->AddMBFont(GOTHIC ,'SJIS');
$pdf->AddPage();
$pdf->SetFont(GOTHIC,'',20);

$pdf->Write(10,'線の太さ');
$pdf->SetDrawColor(0, 128, 0);
$pdf->Line(10.0, 20.0, 120.0, 20.0);
$pdf->SetLineWidth(1.0);
$pdf->Line(10.0, 30.0, 120.0, 30.0);
$pdf->SetLineWidth(2.0);
$pdf->Line(10.0, 40.0, 120.0, 40.0);

$pdf->SetLineWidth(7.0);
$pdf->SetDrawColor(255, 0, 0);
$pdf->Line(50.0, 50.0, 80.0, 90.0);
$pdf->SetDrawColor(0, 255, 0);
$pdf->Line(50.0, 50.0, 20.0, 90.0);
$pdf->SetDrawColor(0, 0, 255);
$pdf->Line(80.0, 90.0, 20.0, 90.0);

$pdf->SetLineWidth(2.0);
$pdf->SetDrawColor(0, 0, 255);
$pdf->SetFillColor(255, 218, 185);
$pdf->Rect(120.0, 70.0, 50.0, 30.0, 'DF');

$pdf->Output();
?>

上記のファイルをWWWサーバのドキュメントルート以下に設置しブラウザからアクセスすると次のように表示されます。

線の太さの設定(SetLineWidth)

線の太さを設定した場合には、始点と終点の形状にも影響が出ます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)