マージンの設定(SetMargins, SetTopMargin, SetLeftMargin, SetRightMargin)

広告

ページのマージンを設定する方法を確認します。上左右のマージンが設定可能です。マージンを設定するにはFPDFクラスで用意されているSetMarginsメソッドを使います。

左マージン、上マージン、右マージンを定義します。

パラメータ:
  left  左マージン
  top  上マージン
  right  右マージン

1番目の引数に左マージン、2番目の引数に上マージン、3番目の引数に右マージンを設定します。3番目の引数を省略した場合は右マージンの値は左マージンの値と同じになります。単位はMBFPDFクラスのコンストラクタで指定した寸法の種類となります。デフォルトでは全てのマージンが1cmとなっています。

マージンを設定する場合はページを作成する前に行って下さい。

実際には次のように記述します。

<?php
require('fpdf/mbfpdf.php');

$pdf = new MBFPDF();
$pdf->AddMBFont(GOTHIC ,'SJIS');
$pdf->SetMargins(10.0, 10.0, 10.0);
$pdf->AddPage();
$pdf->SetFont(GOTHIC,'',20);

$pdf->Write(10,'サンプル文字列');

$pdf->Output();
?>

なおそれぞれのマージンを個別に設定するためのメソッドも用意されています。

左マージン:

左マージンを定義します。

パラメータ:
  margin  左マージン

上マージン:

上マージンを定義します。

パラメータ:
  margin  上マージン

右マージン:

右マージンを定義します。

パラメータ:
  margin  右マージン

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみます。

sample4-1.php

<?php
require('fpdf/mbfpdf.php');

$pdf=new MBFPDF('P', 'mm', 'A4');
$pdf->AddMBFont(GOTHIC ,'SJIS');
$pdf->SetMargins(30.0, 30.0, 30.0);
$pdf->AddPage();
$pdf->SetFont(GOTHIC,'',20);

$pdf->Write(10,'このページは左上右の各マージンを30mmに設定しています');

$pdf->Output();
?>

上記のファイルをWWWサーバのドキュメントルート以下に設置しブラウザからアクセスすると次のように表示されます。

マージンの設定(SetMargins,SetTopMargin,SetLeftMargin,SetRightMargin)

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)