表示角度の設定

広告

データ値を表示する時の角度を設定します。デフォルトでは角度0で水平に表示されていますが、表示文字数が多い場合など角度を変えた方が見やすくなる場合があります。DisplayValueクラスで用意されている「SetAngle」メソッドを使います。

Rotate the value a specified angle

Parameter:
  $aAngle  Angle in degrees

引数に文字列を表示する角度を指定します。単位は度です。

注意する点としては角度を指定して文字列を表示する場合は、JpGraphでデフォルトで設定されているフォントではエラーになります。先にTTFフォントを使うように指定しておいて下さい。

例えば次のように記述します。

$lineplot1 = new LinePlot($ydata1);

$lineplot1->value->SetFont(FF_ARIAL);
$lineplot1->value->SetAngle(45);

それでは線グラフと円グラフの場合で実際に試してみます。

線グラフ

sample5-1.php

<?php

include ("jpgraph/jpgraph.php");
include ("jpgraph/jpgraph_line.php");

$graph = new Graph(300, 200, "auto"); 
$graph->SetFrame(true);
$graph->SetScale("textlin");

$graph->img->SetMargin(40, 40, 30, 30);

$ydata1 = array(10.2, 4.3, 7.4, -3.1, 6.8);

$lineplot1 = new LinePlot($ydata1);
$lineplot1->value->Show();
$lineplot1->value->SetFont(FF_ARIAL);
$lineplot1->value->SetAngle(45);

$graph->Add($lineplot1);

$graph->Stroke();
?>

上記のPHPファイルをブラウザで開いてみます。ブラウザには次のように表示されます。

線グラフのデータ値を角度を指定して表示

円グラフ

sample5-2.php

<?php

include ("jpgraph/jpgraph.php");
include ("jpgraph/jpgraph_pie.php");

$graph = new PieGraph(300, 200, "auto"); 
$graph->SetFrame(true);

$data = array(45, 23, 18, 32);
$pieplot = new PiePlot($data);
$pieplot->value->SetFont(FF_ARIAL, FS_BOLD, 18);
$pieplot->value->SetAngle(-10);

$graph->Add($pieplot);

$graph->Stroke();
?>

上記のPHPファイルをブラウザで開いてみます。ブラウザには次のように表示されます。

円グラフのデータ値を角度を指定して表示

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)