JpGraphの動作確認

広告

JpGraphの動作確認を行っておきます。JpGraphを配置した「src」ディレクトリの中に「Examples」と言うディレクトリがあります。この中にサンプルがいくつか入っていますので「accbarex1.php」と言うファイルをApacheのドキュメントルートにコピーします。

コピーしたファイルをテキストエディタで開いて下さい。

<?php

include ("../jpgraph.php");
include ("../jpgraph_bar.php");

先頭部分が上記のようになっています。この部分でJpGraphの必要なファイルを読み込んでいますので、この部分をJpGraphをインストールした設定に合わせて変更します。今回はインクルードパスが通っている「jpgraph」と言うディレクトリに必要なファイルをコピーしてありますので次のように書き換えます。

<?php

include ("jpgraph/jpgraph.php");
include ("jpgraph/jpgraph_bar.php");

ではブラウザから「http://localhost/accbarex1.php」にアクセスして下さい。

JpGraphの動作確認

上記のように表示されればJpGraphは無事利用出来ています。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)