マーカーを表示する

広告

線グラフにマーカーを表示させてみます。マーカーの設定にはLinePlotクラスで用意されている「mark」プロパティを使ってオブジェクトを取得しそのオブジェクトに対して設定を行います。

「mark」プロパティで取得したオブジェクトは「PlotMark」クラスのオブジェクトになります。マーカーを表示するにはPlotMarkクラスで用意されている「SetType」メソッドを使います。

Specify type of plot mark

Parameter:
  $aType  Type of plotmark, shape or built-in image
  $aFileName  Filename or country name depending on type of plotmark. 
    See below.(Default '')
  $aScale  Scaling of image(Default 1.0)

1番目の引数に表示するマーカーの種類を指定します。設定できる値は既に用意されているマーカーや自分で画像ファイルを指定したりすることが出来ます。詳細は別のページで詳しく見ていきますのでここでは用意されているマーカーを使ってみます。

設定値説明
MARK_SQUAREA filled square
MARK_UTRIANGLEA triangle pointed upwards
MARK_DTRIANGLEA triangle pointed downwards
MARK_DIAMONDA diamond
MARK_CIRCLEA circle
MARK_FILLEDCIRCLEA filled circle
MARK_CROSSA cross
MARK_STARA star
MARK_XAn 'X'

実際には次のような記述となります。

$ydata1 = array(10, 4, 7, 9, 2, 3);

$lineplot1 = new LinePlot($ydata1);
$lineplot1->mark->SetType(MARK_UTRIANGLE);

$graph = new Graph(250, 200); 

$graph->Add($lineplot1);

サンプル

それでは実際に試して見ます。

sample7-1.php

<?php

include ("jpgraph/jpgraph.php");
include ("jpgraph/jpgraph_line.php");

$graph = new Graph(300, 200, "auto"); 
$graph->SetFrame(true);
$graph->SetScale("textlin");

$graph->img->SetMargin(40, 40, 30, 30);

$ydata1 = array(10, 4, 7, 9, 2, 3);
$ydata2 = array(5, 12, 3, 8, 5, 9);

$lineplot1 = new LinePlot($ydata1);
$lineplot1->SetColor(array(255, 0, 0));
$lineplot2 = new LinePlot($ydata2);
$lineplot2->SetColor(array(0, 0, 255));

$lineplot1->mark->SetType(MARK_UTRIANGLE);
$lineplot2->mark->SetType(MARK_STAR);

$graph->Add($lineplot1);
$graph->Add($lineplot2);

$graph->Stroke();
?>

上記のPHPファイルをブラウザで開いてみます。ブラウザには次のように表示されます。

マーカーを表示する

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)