表示されるデータ値に関する設定を行う

広告

円グラフではデフォルトで各スライスに値を表示しています。値に関する操作を行うにはPiePlotクラスで用意されている「value」プロパティを使ってオブジェクトを取得しそのオブジェクトに対して設定を行います。

「value」プロパティで取得したオブジェクトは「DisplayValue」クラスのオブジェクトになります。

表示される値の色やフォントなどを細かく設定することも可能です。詳細は『データ値(DisplayValue)の詳細設定』を参照して下さい。ここではデータ値の表示/非表示に関する設定について確認します。設定を行うにはDisplayValueクラスで用意されている「Show」メソッドを使います。

Show value

Parameter:
  $aFlag  True=show value(Default true)

引数に「true」を設定すると各スライスに値を表示します。円グラフの場合にはデフォルトで表示がされていますので、非表示にしたい場合には「false」を設定して下さい。

実際には次のように記述します。

include ("jpgraph/jpgraph.php");
include ("jpgraph/jpgraph_pie.php");

$data = array(45, 23, 18, 32);
$pieplot = new PiePlot($data);
$pieplot->value->Show(false);

$graph = new PieGraph(250, 200); 

$graph->Add($pieplot);

サンプル

それでは実際に試して見ます。

sample10-1.php

<?php

include ("jpgraph/jpgraph.php");
include ("jpgraph/jpgraph_pie.php");

$graph = new PieGraph(250, 200, "auto"); 
$graph->SetFrame(true);

$data = array(45, 23, 18, 32);
$pieplot = new PiePlot($data);
$pieplot->value->Show(false);

$graph->Add($pieplot);

$graph->Stroke();
?>

上記のPHPファイルをブラウザで開いてみます。ブラウザには次のように表示されます。

スライス毎に表示される値を非表示にする

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)