ガイドラインの設定を行う

広告

円グラフに大量の多くのデータを表示した場合1つ1つのスライスが小さくなりデータ値がどのスライスに表示されているか分かりにくくなります。そこで多くのデータを表示しようとした場合自動的にガイドラインが表示されるようになっています。ガイドラインの表示/非表示の設定や表示方法などの設定にはPiePlotクラスで用意されている「SetGuideLines」メソッドを使います。

Enable guideline and set drawing policy

Parameter:
  $aFlg  TRUE=Enable guide lines(Default true)
  $aCurved  Curve the labels around the pie(Default true)
  $aAlways  Always use a guide line to the label(Default false)

1番目の引数にガイドラインを表示するかどうかを指定します。デフォルトはtrueでガイドラインは表示されます。

2番目の引数にガイドラインを使ってデータ値を表示する時に円グラフのカーブに沿った形で表示するかどうかを指定します。デフォルトはtrueで円グラフに沿った形で表示されます。

3番目の引数に常にガイドライン使うかどうかを指定します。デフォルトはfalseでガイドラインを使わなくても表示可能なスライスに対してはガイドラインを使わずに表示します。

実際には次のように記述します。

include ("jpgraph/jpgraph.php");
include ("jpgraph/jpgraph_pie.php");

$data = array(5,4,1,2,5,8,3,3,12,3,5,6,2,9,2);
$pieplot = new PiePlot($data);
$pieplot->SetGuideLines(true, false);

$graph = new PieGraph(250, 200); 

$graph->Add($pieplot);

サンプル

それでは実際に試して見ます。まずデータの数が多い場合で設定を何も行わない場合を確認します。この場合ガイドラインは表示され、円グラフに沿った表示は行われず、ガイドラインが不用の場合は表示しない設定となります。

sample12-1.php

<?php

include ("jpgraph/jpgraph.php");
include ("jpgraph/jpgraph_pie.php");

$graph = new PieGraph(250, 200, "auto"); 
$graph->SetFrame(true);

$data = array(5,4,1,2,5,8,3,3,12,3,5,6,2,9,2);
$pieplot = new PiePlot($data);

$graph->Add($pieplot);

$graph->Stroke();
?>

上記のPHPファイルをブラウザで開いてみます。ブラウザには次のように表示されます。

ガイドラインの設定を行う

次にガイドラインを表示しない設定を行ってみます。

sample12-2.php

<?php

include ("jpgraph/jpgraph.php");
include ("jpgraph/jpgraph_pie.php");

$graph = new PieGraph(250, 200, "auto"); 
$graph->SetFrame(true);

$data = array(5,4,1,2,5,8,3,3,12,3,5,6,2,9,2);
$pieplot = new PiePlot($data);
$pieplot->SetGuideLines(false);

$graph->Add($pieplot);

$graph->Stroke();
?>

上記のPHPファイルをブラウザで開いてみます。ブラウザには次のように表示されます。

ガイドラインの設定を行う

次にガイドラインを円グラフに沿った形で表示するように設定を行ってみます。

sample12-3.php

<?php

include ("jpgraph/jpgraph.php");
include ("jpgraph/jpgraph_pie.php");

$graph = new PieGraph(250, 200, "auto"); 
$graph->SetFrame(true);

$data = array(5,4,1,2,5,8,3,3,12,3,5,6,2,9,2);
$pieplot = new PiePlot($data);
$pieplot->SetGuideLines(true, true);

$graph->Add($pieplot);

$graph->Stroke();
?>

上記のPHPファイルをブラウザで開いてみます。ブラウザには次のように表示されます。

ガイドラインの設定を行う

最後にガイドラインが無くても数値が表示出来る場合でも必ずガイドラインを表示するように設定を行ってみます。

sample12-4.php

<?php

include ("jpgraph/jpgraph.php");
include ("jpgraph/jpgraph_pie.php");

$graph = new PieGraph(250, 200, "auto"); 
$graph->SetFrame(true);

$data = array(5,4,1,2,5,8,3,3,12,3,5,6,2,9,2);
$pieplot = new PiePlot($data);
$pieplot->SetGuideLines(true, true, true);

$graph->Add($pieplot);

$graph->Stroke();
?>

上記のPHPファイルをブラウザで開いてみます。ブラウザには次のように表示されます。

ガイドラインの設定を行う

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)