円グラフの回転角度を指定する

広告

PiePlot3Dクラスを使った立体的な円グラフを作成すると立体的に見せるために少し傾いて表示されます。その傾きを指定することが出来ます。指定するにはPiePlot3Dクラスで用意されている「SetAngle」メソッドを使います。

Specify projection angle for 3D in degrees.

Parameter:
  $a  Projection angle in degrees

引数に円グラフの回転角度を指定します。単位は度で10度から80度までの数値で指定します。10度を指定した場合は円グラフを横から見たように見えます。80度を指定した場合には平面的な円グラフに近いグラフになります。

実際には次のように記述します。

include ("jpgraph/jpgraph.php");
include ("jpgraph/jpgraph_pie.php");
include ("jpgraph/jpgraph_pie3d.php");

$data = array(32, 21, 24, 35, 18);
$pieplot = new PiePlot3d($data);
$pieplot->SetAngle(20);

$graph = new PieGraph(250, 200); 

$graph->Add($pieplot);

サンプル

それでは実際に試して見ます。

sample16-1.php

<?php

include ("jpgraph/jpgraph.php");
include ("jpgraph/jpgraph_pie.php");
include ("jpgraph/jpgraph_pie3d.php");

$graph = new PieGraph(250, 200, "auto"); 
$graph->SetFrame(true);

$data = array(45, 23, 18, 32);
$pieplot = new PiePlot3d($data);
$pieplot->SetAngle(25);

$graph->Add($pieplot);

$graph->Stroke();
?>

上記のPHPファイルをブラウザで開いてみます。ブラウザには次のように表示されます。

立体的な円グラフの傾きを指定する

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)