PostgreSQLへの接続

広告

次にPostgreSQLへ接続してみます。

事前にPostgreSQLへ"uriage"と言う名前のデータベースを作成してあります。また"uriage"データベース内に"shouhin"テーブルを作成し、初期データを入れてあります。

PEAR::DBでPostgreSQLへ接続

またこのデータベースへ接続してSQL文を発行するためのユーザーとして「pguser」というユーザーを作成しました(パスワードは「pguser」)。のユーザーに対する権限は下記のように「shouhin」テーブルに対して「SELECT」「UPDATE」「DELETE」「INSERT」の権限を与えています。

PEAR::DBでPostgreSQLへ接続

この場合のDSNは「pgsql://pguser:pguser@localhost/uriage」となります。

サンプルプログラム

では実際に試してみます。

sample5-1.php

<html>
<head><title>PHP TEST</title></head>
<body>

<?php

require_once 'DB.php';

$dsn = 'pgsql://pguser:pguser@localhost/uriage';

$db = DB::connect($dsn);
if (PEAR::isError($db)) {
    die($db->getMessage());
}

print('接続に成功しました');

$db->disconnect();

?>

</body>
</html>

上記をWWWサーバに設置しブラウザで見てみると下記のようなりました。

PEAR::DBでPostgreSQLへ接続

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)