HTTP_Downloadオブジェクトの作成

広告

それではHTTP_Downloadクラスのオブジェクトを作成します。コンストラクタは次のようになっています。

引数:
  $params  パラメータの連想配列

引数にはダウンロードを行うために必要となるパラメータを連想配列の形で指定します。指定可能なパラメータは次の通りです。

必須のパラメータは以下の通り。下記の3つの中の1つを指定。

パラメータ内容
fileファイルパス
data生データ
resourceリソースハンドル

任意のパラメータは以下の通り。

パラメータ内容
gzipgzipダウンロードを行うかどうか
cacheダウンロードするものをクライアント側にキャッシュさせるかどうか
lastmodified最終更新日時の UNIX タイムスタンプ
contenttypeデータのContent-type
contentdispositionContent-disposition
buffersize一度に読み込むバイト数
throttledelay各チャンク送出後の停止秒数
cachecontrolキャッシュのプライバシーと妥当性

ファイル名だけを指定してオブジェクトを作成する場合は次のように記述します。

require_once("HTTP/Download.php");

$params = array(
  "file" => "./downloadfile.txt"
);
$download = new HTTP_Download($params);

では次のページで作成したオブジェクトを使ってファイルをクライアントへ送出してみます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)