動作モードを指定する(ジャンプ型、スライド型)

広告

ナビゲーションリンクの表示をどのように行うのかに関する動作モードを指定する方法を確認します。動作モードはジャンプ型とスライド型の2つがあります。

動作モードの指定はPagerクラスのオブジェクトを作成する時に指定する「mode」オプションで指定します。指定できる値は「Jumping」か「Sliding」です。デフォルトは「Jumping」です。

$options = array(
  "mode" => "Sliding"
);

$pager =& Pager::factory($options);

動作モードに「Sliding」を指定した場合、ナビゲーションリンクの中央に現在表示されているページ番号が表示されます。次の画像は実際に「Sliding」モードを指定した場合です。

動作モードを指定する

ナビゲーションリンク上で「4」をクリックして下さい。

動作モードを指定する

ナビゲーションリンクの中央に現在のページである「4」が表示されています。では同じように「5」をクリックして下さい。

動作モードを指定する

ページが「5」に移動してもナビゲーションリンクの中央には現在のページである「5」が表示されます。このように動作モードを「Sliding」に指定した場合には常に中央に現在のページが表示されます(先頭付近及び最後付近では異なります)。

なお同じプログラムで動作モードを「Jumping」に設定した場合は次のようになります。

動作モードを指定する

動作モードを指定する

「Jumping」モードの場合はページを移動してもナビゲーションリンク自体の表示位置は変わりません。

Slidingモードの時のdeltaオプション

なお「Sliding」モードに設定した場合に「delta」オプションを使ってナビゲーションバーに表示されるページ番号の数を指定した場合には、「delta」で指定した値の数だけ前後にページ番号を表示します。

例えば「delta」に「4」を指定すると現在のページを表示する中央の前後に4つずつページ番号を表示するため合計で9個のページ番号を一度に表示するようになります。

「Jumping」モードの場合は「delta」オプションで指定した値の数だけページ番号を表示します。動作モードによって「delta」オプションの解釈が異なりますので注意して下さい。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで実際に試してみます。

sample7-1.php

<html>
<head><title>PHP TEST</title></head>
<body>

<p>テスト</p>

<?php
require_once("Pager/Pager.php");

$totalItems = 100;
$perPage = 5;

$options = array(
  "totalItems" => $totalItems,
  "perPage" => $perPage,
  "delta" => 3,
  "mode" => "Sliding"
);

$pager =& Pager::factory($options);
$navi = $pager -> getLinks();
print($navi["all"]);

$currentPageID = $pager -> getCurrentPageID();

print("<p>");
print("現在のページ番号は".$currentPageID."です");
print("</p>");
?>

</body>
</html>

上記をWWWサーバに設置しブラウザで見てみると下記のように表示されます。

動作モードを指定する

上記は「delta」オプションに「3」を指定しているので中央の前後に3つずつのページ番号が表示されています。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)