セルの垂直配置の設定(setVAlign)

広告

セルの中でデータを表示する時に、垂直方向の配置方法を設定します。垂直方向の配置を設定するにはSpreadsheet_Excel_Writer_Formatクラスで用意されているsetVAlignメソッドを使います。

セルの配置を設定します。

パラメータ:
  $location  セルの配置方法を表す文字列

1番目の引数にセルの垂直方向の配置方法を表す文字列を指定して下さい。指定できる値は次のいずれかです。

top            上詰め
vcenter        中央揃え
bottom         下詰め
vjustify       両端揃え
vequal_space   均等割り付け

実際には次のように記述します。

<?php
require_once("Spreadsheet/Excel/Writer.php");

$workbook = new Spreadsheet_Excel_Writer();
$workbook->send('sample1-1.xls');

$format =& $workbook->addFormat();
$format->setVAlign('vcenter');

$worksheet =& $workbook->addWorksheet('シート1');
$worksheet->writeString(0, 0, "こんにちは", $format);
$workbook->close();
?>

これはaddFormatメソッドで次のように記述した場合と同じです。

<?php
require_once("Spreadsheet/Excel/Writer.php");

$workbook = new Spreadsheet_Excel_Writer();
$workbook->send('sample1-1.xls');

$format =& $workbook->addFormat(array('Align'=>'vcenter'));

$worksheet =& $workbook->addWorksheet('シート1');
$worksheet->writeString(0, 0, "こんにちは", $format);
$workbook->close();
?>

addFormatメソッドでプロパティを指定する場合は「Align」プロパティに対して値を設定します。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみます。

sample18-1.php

<?php
require_once("Spreadsheet/Excel/Writer.php");

$workbook = new Spreadsheet_Excel_Writer('./sheet/sample18-1.xls');
$worksheet =& $workbook->addWorksheet('シート1');

$worksheet->setRow(0, 45);
$worksheet->setRow(1, 45);

$format1 =& $workbook->addFormat();
$format1->setVAlign('top');
$format2 =& $workbook->addFormat();
$format2->setVAlign('vcenter');
$format3 =& $workbook->addFormat();
$format3->setVAlign('bottom');
$format4 =& $workbook->addFormat();
$format4->setVAlign('vjustify');
$format5 =& $workbook->addFormat();
$format5->setVAlign('vequal_space');

$worksheet->writeString(0, 0, 'ab', $format1);
$worksheet->writeString(0, 1, 'ab', $format2);
$worksheet->writeString(0, 2, 'ab', $format3);
$worksheet->writeString(1, 0, '東京都千代田区大手町', $format4);
$worksheet->writeString(1, 1, '東京都千代田区大手町', $format5);
$workbook->close();

print('<html>');
print('<head>');
print('<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8" />');
print('</head>');
print('<body>');
print('<p><a href="./sheet/sample18-1.xls">Excelファイル</a></p>');
print('</body></html>');
?>

上記のファイルをWWWサーバのドキュメントルート以下に設置しブラウザからアクセスすると次のように表示されます。

セルの垂直配置の設定(setVAlign)

作成されたExcelファイルへのリンクが表示されます。リンクからExcelファイルをローカルに保存しExcelで開いて下さい。

セルの垂直配置の設定(setVAlign)

今回のサンプルでは垂直方向の配置を分かりやすくするために行の高さを設定しています。行の高さの設定方法は別のページで詳しく確認します。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)