フォントスタイルの設定(setBold, setItalic)

広告

フォントスタイルの設定方法について確認します。太字と斜体(イタリック)が設定可能です。

太字を設定するにはSpreadsheet_Excel_Writer_Formatクラスで用意されているsetBoldメソッドを使います。

テキストに太字を設定します。

パラメータ:
  $weight  テキストの重み

1番目の引数はオプションで0を指定すると通常のテキスト、1を指定すると太字となります。デフォルトの値は1です。

斜体を設定するにはSpreadsheet_Excel_Writer_Formatクラスで用意されているsetItalicメソッドを使います。

フォントスタイルを斜体に設定します。

フォントが斜体となります。

実際には次のように記述します。

<?php
require_once("Spreadsheet/Excel/Writer.php");

$workbook = new Spreadsheet_Excel_Writer();
$workbook->send('sample1-1.xls');

$format =& $workbook->addFormat();
$format->setBold();
$format->setItalic();

$worksheet =& $workbook->addWorksheet('シート1');
$worksheet->writeString(0, 0, "こんにちは", $format);
$workbook->close();
?>

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみます。

sample21-1.php

<?php
require_once("Spreadsheet/Excel/Writer.php");

$workbook = new Spreadsheet_Excel_Writer('./sheet/sample21-1.xls');
$worksheet =& $workbook->addWorksheet('シート1');

$format1 =& $workbook->addFormat();
$format1->setBold();
$format2 =& $workbook->addFormat();
$format2->setItalic();
$format3 =& $workbook->addFormat();
$format3->setBold();
$format3->setItalic();

$worksheet->writeString(0, 0, '標準');
$worksheet->writeString(1, 0, '太字', $format1);
$worksheet->writeString(2, 0, '斜体', $format2);
$worksheet->writeString(3, 0, '太字+斜体', $format3);
$workbook->close();

print('<html>');
print('<head>');
print('<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8" />');
print('</head>');
print('<body>');
print('<p><a href="./sheet/sample21-1.xls">Excelファイル</a></p>');
print('</body></html>');
?>

上記のファイルをWWWサーバのドキュメントルート以下に設置しブラウザからアクセスすると次のように表示されます。

フォントスタイルの設定(setBold, setItalic)

作成されたExcelファイルへのリンクが表示されます。リンクからExcelファイルをローカルに保存しExcelで開いて下さい。

フォントスタイルの設定(setBold, setItalic)

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)