下線及び文字飾りの設定(setUnderline, setStrikeOut, setScript)

広告

テキストに対する下線の設定及び文字飾りの設定方法について確認します。

下線を設定するにはSpreadsheet_Excel_Writer_Formatクラスで用意されているsetUnderlineメソッドを使います。

テキストに下線を設定します。

パラメータ:
  $underline  下線の値

1番目の引数はに下線の種類を指定します。1を指定すると下線、2を指定すると二重下線となります。

取り消し線を設定するにはSpreadsheet_Excel_Writer_Formatクラスで用意されているsetStrikeOutメソッドを使います。

フォントに取り消し線を設定します。

テキストに取り消し線が設定されます。

上付き下付きを設定するにはSpreadsheet_Excel_Writer_Formatクラスで用意されているsetScriptメソッドを使います。

フォントに取り消し線を設定します。

パラメータ:
  $script  字体の値

1番目の引数はに字体の種類を指定します。1を指定すると上付き、2を指定すると下付きとなります。

実際には次のように記述します。

<?php
require_once("Spreadsheet/Excel/Writer.php");

$workbook = new Spreadsheet_Excel_Writer();
$workbook->send('sample1-1.xls');

$format =& $workbook->addFormat();
$format->setUnderline(1);
$format->setStrikeOut();
$format->setScript(1);

$worksheet =& $workbook->addWorksheet('シート1');
$worksheet->writeString(0, 0, "こんにちは", $format);
$workbook->close();
?>

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみます。

sample22-1.php

<?php
require_once("Spreadsheet/Excel/Writer.php");

$workbook = new Spreadsheet_Excel_Writer('./sheet/sample22-1.xls');
$worksheet =& $workbook->addWorksheet('シート1');

$format1 =& $workbook->addFormat();
$format1->setUnderline(1);
$format2 =& $workbook->addFormat();
$format2->setUnderline(2);
$format3 =& $workbook->addFormat();
$format3->setStrikeOut();
$format4 =& $workbook->addFormat();
$format4->setScript(1);
$format5 =& $workbook->addFormat();
$format5->setScript(2);

$worksheet->writeString(0, 0, '下線', $format1);
$worksheet->writeString(1, 0, '二重下線', $format2);
$worksheet->writeString(2, 0, '取り消し線', $format3);
$worksheet->writeString(3, 0, '上付き', $format4);
$worksheet->writeString(4, 0, '下付き', $format5);
$workbook->close();

print('<html>');
print('<head>');
print('<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8" />');
print('</head>');
print('<body>');
print('<p><a href="./sheet/sample22-1.xls">Excelファイル</a></p>');
print('</body></html>');
?>

上記のファイルをWWWサーバのドキュメントルート以下に設置しブラウザからアクセスすると次のように表示されます。

下線及び文字飾りの設定(setUnderline, setStrikeOut, setScript)

作成されたExcelファイルへのリンクが表示されます。リンクからExcelファイルをローカルに保存しExcelで開いて下さい。

下線及び文字飾りの設定(setUnderline, setStrikeOut, setScript)

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)