予約変数

広告

今まではPHPスクリプトや設定ファイルで設定した変数をテンプレートファイルから参照していましたが、テンプレートファイルの中で利用できる予約変数がSmaryで定義されています。

予約変数は {$smarty} で始まる変数でありキーを指定して様々な値を参照することが出来ます。ここでは用意されている予約変数の使い方をそれぞれ見ていきます。(予約変数は他の関数などと関連して利用されるものも多いため、ここで紹介するのは予約変数の一部です。紹介しなかった予約変数は別のページで詳しく見ていきます)。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)