配列の初期化(array)

広告

配列を使うには要素を1つ1つ追加していく方法とは別に、配列に追加する要素をまとめて指定し初期化する方法があります。配列を初期化するにはarrayを使用します。

array array ([ mixed $... ] )

引数に指定されたキーと値によって初期化された配列を返します。arrayは関数のように使用しますが実際には関数ではなくPHPの言語構造の1つです。

使い方の1つとして要素が空の配列を使う場合には引数を指定せずにarrayを実行します。

$var = array();

次に要素を持つ配列を作成する場合です。要素を指定して配列を作成するには次のように引数を指定します。

$var = array('キー1' => 値1, 'キー2' => 値2, ...);

要素1つに付きキーと値をペアで指定し記述の仕方は「キー => 値」という形式で記述していきます。複数の要素を追加する場合はカンマ(,)で区切り続けて記述して下さい。例えば次のように記述します。

$var = array('Tokyo' => '東京', 
             'Osaka' => '大阪', 
             'Fukuoka' => '福岡');

※分かりやすいように要素毎に改行して記述しています。上記は次のように記述した場合と同じです。

$var['Tokyo'] = '東京';
$var['Osaka'] = '大阪';
$var['Fukuoka'] = '福岡;

またキーを指定する必要がなく自動付与する場合にはarrayの引数に次のように値だけを記述して下さい。

$var = array(値1, 値2, ...);

キーを指定する要素と、キーを省略した要素を混在して引数に指定することも可能です。例えば次のように記述します。

$var = array(10 => '遠藤', '斉藤', '伊藤');

どのようなキーが割り当てられるのかについては「キーの自動付与」を参照して下さい。

arrayを使うことで配列に格納する要素の初期化を簡潔に記述することができます。

サンプルプログラム

では簡単なプログラムで試して見ます。

sample5-1.php

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8" />
<title>PHPテスト</title>
</head>
<body>

<p>PHPのテストです。</p>

<pre>
<?php
$var = array('Yamada' => 82,
             'Endou' => 76,
             'Takahashi' => 64);

$var['Yoshida'] = 91;
print_r($var);
?>
</pre>

</body>
</html>

上記のファイルをWWWサーバのドキュメントルート以下に設置しブラウザからアクセスすると次のように表示されます。

配列の初期化(array)

PHP入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )