PHPのダウンロードとインストール

広告

PHPのダウンロードとインストールを行う方法について解説します。環境はWindows10(64bit)で行っています。今回はPHP 7.2.5を使用します。

PHPのダウンロードは下記のURLから開始します。

p1-1

画面上部に表示されている「Downloads」をクリックして下さい。

p1-2

PHPのダウンロード画面が表示されます。

p1-3

2018年4月現在、ダウンロード可能なPHPとして「PHP 7.2.5」「PHP 7.1.17」「PHP 7.0.30」「PHP 5.6.36」の4つが用意されています。今回はこの中から最新の「PHP 7.2.5」をダウンロードします。「Current Stable PHP 7.2.5」と表示されたブロックの中の「Windows downloads」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p1-4

Windows用のバイナリ―を取得するためのページが表示されます。

p1-5

PHP 7.2.5には32bit用の「VC15 x86 Non Thread Safe」と「VC15 x86 Thread Safe」、そして64bit用の「VC15 x64 Non Thread Safe」と「VC15 x64 Thread Safe」が用意されています。今回インストールするのはWindows10(64bit)なので64bit用のものを使用します(ご自身の環境に合わせて選んで下さい)。なおVC15とはVisual Studio 2017でコンパイルされたものという意味です。

今回PHPを利用するWebサーバとしてApacheを利用しますが、サイドバーには次のように記載されています。

Apache
Please use the Apache builds provided by Apache Lounge. They provide VC11, VC14 and VC15 builds of Apache for x86 and x64. We use their binaries to build the Apache SAPIs.

If you are using PHP as module with Apache builds from apache.org (not recommended) you need to use the older VC6 versions of PHP compiled with the legacy Visual Studio 6 compiler. Do NOT use VC11+ versions of PHP with the apache.org binaries.

With Apache you have to use the Thread Safe (TS) versions of PHP.

p1-6

ApacheはApache Loungeで用意されているApacheを利用すること、そしてスレッドセーフ版のPHPを利用すること、と記載されています。(Apacheをインストールする具体的な手順は「Apacheインストール」をご参照下さい)。

それではダウンロードを行います。「VC15 x64 Thread Safe」ブロックの中の「Zip」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p1-7

ダウンロードが開始されますので任意の場所に保存して下さい。ダウンロードはこれで終了です。

続いてインストールを行ないます。インストールはダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、任意のディレクトリに展開するだけで完了です。今回は「c:\pg\php\」ディレクトリに展開しました。

p1-8

p1-8

インストールは以上で完了です。なおPHPをApache経由で利用する場合にはApache側の設定が必要です。詳しくは「PHP利用のための設定」を参照して下さい。

PHP入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)