PHPの設定

広告

Windows環境でPDOを利用する場合、まず「php.ini」への設定が必要となります。

「php.ini」をテキストエディタなどで開いて頂き、「Windows Extensions」と書かれた箇所を検索して下さい。620行目付近にあります。

php.ini

ここは利用するDLLを設定する部分です。MySQLを利用する場合は「extension=php_mysql.dll」を、PostgreSQLを利用する場合は「extension=php_pgsql.dll」を追加で記述するか、又は既に記述されていた場合は先頭のセミコロン(;)を削除していました。

PDOを利用する場合はまず下記の1行が必要となります。

extension=php_pdo.dll

既に記述されていればそれで構いません。先頭にセミコロン(;)が付いていた場合はセミコロンを削除して下さい。もし記述が無ければ追加して記述しておきます。

次にPDO経由で利用するデータベース用のDLLについても設定します。各データベース毎にPDO用のDLLが用意されているため、こちらも記述しておきます。今回はデータベースとしてMySQL、PostgreSQL、SQLiteの3つを利用する予定ですので、まとめて記述しておきます。

extension=php_pdo_mysql.dll
extension=php_pdo_pgsql.dll
extension=php_pdo_sqlite.dll

結果的にphp.iniは下記のようになります。

php.ini

※記述する位置はどこでもいいはずですが、各データベースのDLL用の記述よりも先に「extension=php_pdo.dll」を書いておいた方がいいかもしれません。

php.iniを書き換えたら一度Apacheを再起動しておきます。そしてphpinfo()を出力するサンプルページを実行してみます。

phpinfo

上記のように表示が出ていればO.K.です。

DLLファイルの確認

また必要となるファイルが存在していることを確認しておいて下さい。

「php_pdo.dll」「php_pdo_mysql.dll」「php_pdo_pgsql.dll」「php_pdo_sqlite.dll」の4つのファイルが拡張モジュールディレクトリ(エクステンションディレクトリ)に含まれている必要があります(私の環境の場合ですと、「d:¥php¥ext¥php_pdo.dll」のようになります)。

※拡張モジュールディレクトリの位置は、php.ini に記述が必要となります。『設定』を参照して下さい。

PHP入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)