データベース側の用意

広告

PHPからPostgreSQLへのアクセス方法を見ていく前に、PostgreSQL側でテスト用のデータベースやテーブルを用意しておきます。

今回データベースとしては「uriage」と言う名前のデータベースを用意しました。そしてテーブルとして「hanbai」というテーブルと「shouhin」というテーブルを用意してあります。それぞれのテーブルの定義は下記のようになっています。

PostgreSQL側の準備

またこのデータベースへ接続してSQL文を発行するためのユーザーとして「pguser」というユーザーを作成しました。このユーザーに対する権限は下記のように「hanbai」及び「shouhin」テーブルに対して「SELECT」「UPDATE」「DELETE」「INSERT」の権限を与えています。

PostgreSQL側の準備

2つのテーブルには初期データとして下記のデータを入力していあります。

PostgreSQL側の準備

準備としては以上です。

PHP入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)