データの取得(SELECT)

広告

次にデータの取得を行います。SELECTを使いますが、今回は結果を取得するので「sqlite_query」関数を使います。

「sqlite_query」関数を実行した結果resource型の値を受け取りますが、その中にはSELECTの結果としての複数のフィールドに関する値が複数の行数分だけ帰ってきています。

resource型の値から実際のデータを取り出すためには「sqlite_fetch_array」関数を使います。

指定した結果ハンドル result から次のレコードを取得 します。レコードがも
うない場合は FALSEを返し、それ以外は レコードデータを含む連想配列を返し
ます。

引数:
  result  SQLite 結果リソース。
  result_type  オプションの result_type パラメータには定数を指定でき、返
    される配列の添字を定義します。 SQLITE_ASSOC を用いると、連想配列の添
    字(名前フィールド)のみが 返されます。一方、SQLITE_NUM は、数値の添字
    (フィールド番号)のみを返します。SQLITE_BOTH は、連想配列の添字と数値
    の添字の両方を返します。SQLITE_BOTH がこの関数のデフォルトです。
  decode_binary  decode_binary パラメータが TRUE (デフォルト)に 設定され
    た場合、PHP はバイナリエンコーディングをデコードします。 これは、
    sqlite_escape_string() によりエンコードされたデータに適用されます。
    sqlite をサポートする他のアプリケーションにより作成されたデータベー
    スを処理する時以外は、この値をデフォルトのままにしておくべきです。
返り値:
  結果セットの次レコードの配列を返します。 次レコードの位置が最終レコー
    ド以降の場合、FALSE を返します。

「result_type」の値で結果をどのような配列として取得するかを指定できます。「SQLITE_NUM」の場合は0から始まる数値のインデックスで配列にアクセスできます。「SQLITE_ASSOC」の場合は項目名による連想配列の形です。

例として下記のようなSELECTを発行した場合で考えて見ます。

$sql = "SELECT id, name FROM shouhin";
$result = sqlite_query($link, $sql, SQLITE_BOTH, $sqliteerror);
if (!$result) {
    die('クエリーが失敗しました。'.$sqliteerror);
}

「SQLITE_NUM」を指定する場合は下記のようになります。

$rows = sqlite_fetch_array($result, SQLITE_NUM);
print($rows[0]);
print($rows[1]);

「SQLITE_ASSOC」を指定する場合は下記のようになります。

$rows = sqlite_fetch_array($result, SQLITE_ASSOC);
print($rows['id']);
print($rows['name']);

次に全ての行を取得する時に、結果としていくつの行が帰ってきたかを確認する方法です。「sqlite_num_rows」関数を使います。

バッファされた結果セット result のレコード数を返します。

引数:
  result  SQLite 結果リソース。
返り値:
  レコード数

以上のことからクエリーの結果に含まれる全ての行のデータを取り出すには、下記のような感じで記述します。

$sql = "SELECT id, name FROM shouhin";
$result = sqlite_query($link, $sql, SQLITE_BOTH, $sqliteerror);
if (!$result) {
    die('クエリーが失敗しました。'.$sqliteerror);
}

for ($i = 0 ; $i < sqlite_num_rows($result) ; $i++){
    $rows = sqlite_fetch_array($result, SQLITE_ASSOC);
    print($rows['id']);
    print($rows['name']);
}

では実際に試してみます。

sqlitetest7.php

<html>
<head><title>PHP TEST</title></head>
<body>

<?php

$link = sqlite_open('test.db', 0666, $sqliteerror);
if (!$link) {
    die('接続失敗です。'.$sqliteerror);
}

print('接続に成功しました。<br>');

$sql = "SELECT id, name FROM shouhin";
$result = sqlite_query($link, $sql, SQLITE_BOTH, $sqliteerror);
if (!$result) {
    die('クエリーが失敗しました。'.$sqliteerror);
}

for ($i = 0 ; $i < sqlite_num_rows($result) ; $i++){
    $rows = sqlite_fetch_array($result, SQLITE_ASSOC);
    print('id='.$rows['id']);
    print(',name='.$rows['name'].'<br>');
}

sqlite_close($link);

print('切断しました。<br>');

?>
</body>
</html>

上記ファイルをWWWサーバに設置しブラウザ経由で見ると下記のように表示されます。

データの取得

今までテーブルに追加してきたデータを取得できました。

PHP入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)